思わず撮ってしまいたくなるような素敵な壁画って地元名古屋や稲沢によくあるようで
実は全くない、というかまったく知らない。まったく意識してなかった。

だけどこれはどうしても撮りたくなってしまった。
その魅力に、いや、その魔力に撮らされてしまったのかもしれない。

でも、こういうパブリックな場所、誰でも簡単にアクセス出来るような場所にあるお気に入りのアートワークってのは
最近僕が始めてみているPeriscope ( http://periscope.tv/sirop ) みたいな生中継アプリなんかで
実際にその場所へ行ってそのアートワークを前にして案内するとかってのは
僕の環境だけで言うとロンドンの男の子がチャリで巡りながらよくやってて楽しませてくれるので
いつかそのうちネタの一つとしてやっても良いかもしれないと思う。

所要時間は10〜30分くらいの短めのなかでサクッと内容盛りだくさんに。
もしもするならアクセスの方法から、アートワークの成り立ちや
作者のキャラクター、この作品がどうしてこういう姿形をしているのかなどなど
あ、自分はこんな風に感じるとか、これはきっと〜にちがいない!とか面白いかも。
あとはそこまで行ったら合わせて楽しみたい場所などまとめておすすめできたらいいなって思う。

僕がやるなら当然チャリでそこまで行きながら着く10分前ぐらいから開始するのが
僕らしい中継のスタイルになるのかなってところ。

これから名古屋地区は再開発が着々と進んで行くし、
レゴランドなんかの楽しい施設も東京オリンピックに間に合わせるかの如く
拡充されていって締めくくりはリニア新幹線開通への盛り上がり。
歓迎ムードを醸成していく雰囲気作りのほんの一端へ
まさに草の根で貢献できるチャンスかもしれない。

「お写真撮りましょうか?」とかもうおきまりのセリフは
英語で仕込んでおいても罰は当たらないよねきっと(笑)

そこで、中学高校英語レベルでもとにかく英語を使う機会をPeriscopeで毎日やる気さえあれば作ることができるので
実際に話し続けてトライアンドエラーをできるだけやって行くとちょうど良いと思いながらの
今日も片言全開だけどワクワクのPeriscope生中継なのであります(笑)

よければぜひフォローお願いします!
http://periscope.tv/sirop

P.S.
あ、隣町の西春は美術大学を中心にして至る所にアートのモニュメントがちりばめられてるんだった。
普段気がつかない「モニュメント」や「アート」、そして「神社仏閣」をはじめとして
言い換えれば「案内」「紹介」する価値のあるポイントが僕らの生活するすぐそばに息を潜めて
見つけてもらえるのをまってるかと思うとすこしワクワクする。

しかもそれを英語でお届けするとなるとちょっと面白そう。
ハードルは高いかも知れないけどやってみる価値はきっとあるんじゃないのかな。



[Comment]  Instagram
 flickr
 Pinterest
 Sumally
 Ello

**20160521Saturday | Permalink |
*Likes by facebook
*Comments by facebook
*Follow Me !

drops note “green puddle”
<<<<<<<<
drops note “natsu iro”
<<<<<<<
drops note “shuppatsu no ame lens”
<<<<<<
drops note “michishirube”
<<<<<
my favorite things “croque monsieur”
<<<<
drops note “camera in the hair salon”
<<<
drops note “gambler”
<<
t o k i . h a n a “Fuji”
<
drops note “public art”
Current
drops note “song” 〜風景は音を呼ぶ〜
>
drops note “your hearts” 〜君の文化にありがとう〜
>>
drops note “clockwork”
>>>
Thank you for 1000km UP, my bike!
>>>>
white happy shower time
>>>>>
sousyun no nakayoshi
>>>>>>

*Visitors Flag Counter
(2003〜)
free counters
(2017〜)
Flag Counter
*Visitors Flag Map
(2003〜)
free counters
(2017〜)
Flag Counter
track feed digi*ana*logue